happiris(ハピリス) 世界にひとつだけのリースを作ろう

自分だけのリースができる

happiris(ハピリス)は、好きなパーツを選んで自由に配置するだけであなただけオリジナルリースがデザインできるアプリです。 デザインしたリースは購入可能! 当店のフラワーデザイナーがひとつひとつ丁寧に制作し、お手元にお届します。 ラッピング・メッセージカード(無料)を添え、専用のBOXにお届けができるので、ギフトにもぴったりです。 あなたの大切な方へ、オリジナルデザインのリースを贈ってみませんか?

オリジナルリース作り・3step!

ベースをS・M・Lの3種類から選びます。 サイズによって選べるパーツの数が変ります。

好きなパーツを選んで並べます。 様々な組み合わせをお楽しみください。

完成したらメールで送信! ご注文から2週間程度でオリジナルリースが届きます。

Slider

リースについて

リースとは?

花や葉、ツル等で作られたリング状の飾りです。
英語では「wreath」と書き、輪、花輪、花冠という意味があります。

リースを飾る理由

元々リースは「魔除け」や「豊作を願う」ものとして飾られてきました。
日本でいう注連縄(しめなわ)等のイメージに近いかもしれませんね。
欧米では、その形から"エンドレス"「永遠」という意味もあり、幸せが永遠に続くようにと願いを込め飾られることも多いようです。
また「歓迎」の意味や、家族が無事に帰って来ますように、というおまじないの意味もあり玄関のドアに飾られるようになったとも言われています。

日本では、クリスマスリースが有名ですが、これはキリストが最期を迎えるときに茨(いばら)の冠を被っていたことが起源だと言われています。 茨(いばら)に似たヒイラギを使ったリースをよく目にしますが、これはキリストの冠を表しています。
クリスマスリースには「魔除け」「豊作祈願」「新年の幸福」を願いが込められているそうです。 他にも「永遠の愛」を象徴する事から、結婚式でのリースブーケや、両親への贈呈用としても使われます。

リースに込められた想い

リースに込められた「幸せを願う」という想い、大切な人の幸せを願い「リース」を贈ってみませんか?
Soel Flowersは「happiris」を通じて、そんな想いを伝えるお手伝いができたらと思っています。

happiris 世界にひとつだけのリースを作ろう